top of page

【後編】妥協なく理想を体現した住まい

更新日:2023年12月12日

一切の妥協なく理想を具現化させるべく、さまざまなアイディアを出しながら新たな挑戦を行った本件。綿密な打ち合わせを重ねながら設計、製作を行い、上質で美しい空間を創り上げました。

後編では、2Fに納品させていただいた家具をご紹介します。


洗面カウンターは、メンテナンス性を考慮した設計と、強度を考えた施工方法がポイントに。荷重を支えるのが難しいカウンターデザインをどのように成り立たせるか、時間をかけて検討しました。点検用の仕組みや排水口はデザインに溶け込む様、位置や形状に配慮し設計させていただいています。

対面に備え付けられているのはまるで隠し扉のような建具と両面収納、建具を開くと白で統一されたユーティリティ室が現れます。

見せたくない部分は隠しつつ動線を確保した上に収納も確保する、設計士さんの配慮の深さが伺える見事なレイアウトです。




トイレ手洗カウンターは、左官職人さんとの綿密な打ち合わせの甲斐があり、とても綺麗な納まりで施工できたのではないかと満足しています。

やさしい色合いと陰影の中に家具が溶け込み、落ち着きのある空間が素敵ですね。




TVボードに使用した突板は、お客様のイメージをもとに、理想の素材を求め関西まで足を延ばしています。実際の木目を見させていただき、お客様にいくつか提案させていただいた中からお選びいただきました。特殊な技法で作られた他にはないダイナミックで美しい木目と通常よりも厚く設定された突板から染み出し深みのある雰囲気が広いお部屋に負けない丁度良い存在感でアクセントとなっているのではないでしょうか。




スタディスペースのデスクは、アイアンのフレームと天然木の天板との接点が綺麗に見えるよう考えに考えを重ねて製作。

何気ないシンプルなデザインであるほど細部の作り込みが「何か良いな」という気持ちにさせると我々は信じています。



 

2023年

場所  東京都豊島区

納品  B1F | ミニキッチン付き収納カウンター、アイランド型ディスプレイ収納キャビネット

    2F  | TVボード、スタディスペース(デスク・埋込収納・壁面飾り棚)、洗面カウンター、洗面室収納、

  ユーティリティ室間仕切り兼用両面使い収納+建具、ユーティリティ洗面台、トイレ手洗いカウンター

    1F  | 寝室ヘッドボード、WIC収納カウンター・アイランド型収納キャビネット、書斎本棚、パウダールーム、

  トイレ収納カウンター、洗面カウンター

                                         設計施工  株式会社テラジマアーキテクツ

閲覧数:178回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page