いただいた概要図より、概算のお見積りをお知らせいたします。しかし、本体の強度使用する素材や仕上げの方法により加工の方法、コストも変化しますので、ギャラリー相談の際にそういった部分も含め全体の仕様を決めてゆきます。

ギャラリーで、カタログや、実素材サンプル集を見ていただきながら、細かなつくりをうち合わせてゆきます。

 例えば家具の角の部分のR加工、面のデザイン的な処理(木の合わせ目や見た目の材質を部分部分で変更する等)、素材を無垢材にするのか、突板にするのか。

 金具の質感や種類。引き出し等のレールのグレード、扉の開き方、使う素材の厚さ、本当はこうしたかったという図に盛り込めなかった仕様の希望等々。納得の行くものをうみだす為に詳しくお話しを伺います。

様々な実物のサンプル

 工房には、突板のサンプル、石材のサンプルを含め、その他契約している作家のハンドメイドアイアンのサンプル、弊社独自素材のサンプルをご用意しております。これらの素材を見ていただいた上での変更や、調整をこまやかに行いましょう。家具を制作するにあたり、様々な用語、素材が使用されます。それらをまとめさせていただきましたので是非ご参照下さい。

初回のお見積りについて

 一旦は先日FAXにて送付いただきましたスケッチ上で指定の材質等から想定される、加工や金具等で見積もり書を提示させていただきます。

 ギャラリーでの相談の際に、加工方法や仕上げ、素材の変更があった場合には価格が変動いたします。

 材質も量産品の家具とは違う為、通常コストの関係で使用されない特殊な素材でも使用する事は多いので是非ご相談ください。

弊社では、大手デパート等の店舗の什器等の制作も行っている為、特殊素材を使用した成果物の経験も豊富にございます。