リフォーム会社・設計事務所のご紹介

アトリエ系工務店 ROOVICE(ルーヴィス)

HP    :https://www.roovice.com/

「私達の目的は、リノベーションを通じて選択肢を広げていく事です。」

 住宅分野に関しては、住宅ストックが余りあるにもかかわらず「過ごしたい空間がなかなか見つからない。」などのご相談に対し、年間80〜90件ほどのリノベーション・コンバージョン案件に携わり、クライアントのニーズに対応してきました。経済成長時とは異なるビジネスモデルを構築しながら、建築領域だけにとらわれることなく、積極的にこれからの可能性を探っていきたいと考えています。


ショセット建築設計室

HP    :http://chaussette-archi.com/

「ただ、そこにいるだけで、心が満ちる空間を」日常がゆたかになる空間をふと、幸せと思える空間を一緒に考えませんか。

 ショセットとはフランス語で【靴下】という意味です。
靴下は足を冷やさず、汗を吸い取り、体を守る存在です。時には肌触りの良い靴下からホッとする時間をもらうこともあります。そして、2足はいつもペアで、どちらも欠けてはいけません。 私たちはこの靴下が体を守るように、住まいを通じて、快適で心が満たされる空間を提供したいと思っています。


松本康弘建築工房

HP    :http://www.ne.jp/asahi/ma/arch/index.html

松本康弘建築工房一級建築士事務所は川越市にある設計事務所です。

住宅の新築はもちろん集合住宅、店舗やリフォームなどを手がけています。住宅であれば自然素材を生かした、現代的で楽しい家づくりを行ってきました。お客様の希望を形にするだけでなく、専門家としての提案も沢山してきました。企業では難しい細やかな要望にも最大限努力して対応しております。


株式会社 古今

HP    :http://kokon-sumai.co.jp/

私たちは、住まい手さんの様々な現状の状態を踏まえながら、新しいカタチや暮らし方に住まいを整えていく。そんな住まいつくりを得意としています。

これらの経緯を経て、丁寧に作り上げられた一つのカタチは、安易に流行に迎合せず、どこにも売っていない、比較しようのない、住まい手さんにとって他に並ぶもののない住まいとなっていくと思っています。


◆ 碧山 美樹 さん

事務所名:+M architects

HP    :http://plus-m.net/

 その後研究することで既存の型を「破り」、いづれ型から「離れて」自在になることを指す。限られた時間...もっと子供と、家族と楽しく向き合える空間を作りたい。子育てをしながら仕事を再開し、切実に思いました。2人で生活をはじめ、子供が生まれ、巣立ち、また家族が増えて...家はそんな家族の変化をやらかく包み、変化していくものだと考えます。


◆ 春木 忠 さん 

事務所名:i-home
HP    :http://i-home.rer.jp/

「何となくいいなあ・・・」と自然とそう感じることって多いですよね

建物も住宅もそんな自然と気持の好い空間に包まれる・・・

そんな「感性」を持った居心地の好い空間を感じ取ってください。


◆ 星山 征洋 さん 

事務所名:Radio architects
HP    :http://www.radio-architect.com/

 豊かさ ” は生活の近くに多く存在する気がします。 日々忙しく、素通りしてしまうけれど、実はそんな豊かさに溢れる日常。

その営みの受け皿だからこそ、“ 家 ” は愛してやまない場所であって欲しいと思います。

「 住むことが、たくさんの愛着で満たされるように 」


◆ 渡辺 仙一郎 さん 

事務所名:VOLO

HP    :http://volo-reno.com/

VOLOは、古さや懐かしさなど建物の眠っている“良さ”を引き出しながら、デザインで新たな価値へと変えていきます。建物は手入れをきちんとすることで価値を維持することができます。これから私たちのライフスタイルを地球規模で考えた場合、新、旧のバランスを保ちながら、自ずとサスティナブルな生活にシフトすることになるでしょう。そこで、私たちにできることは何か、そもそも自分らしい生活とは何か、改めて見つめ直すことが必要です。


◆ 新井 真人 さん 

事務所名:freelance

HP    :none